無痛分娩のメリットとデメリット!

現代医療の進歩とともにお産の進歩も進んでいる時代。
今陣痛の痛さもなく楽にお産が出来る無痛分娩があります。
そもそも陣痛とは子宮が赤ちゃんを押し出すために規則的な収縮がはじまりその収縮が規則的になり痛みが発生します。
これが陣痛です。
陣痛が起こるメカニズムは今の段階でははっきりしていません。
無痛分娩のメリットは圧倒的に痛みが少ない事です。
多少痛みが人により感じる事がありますが通常の陣痛のお産よりは痛みがなく楽にお産ができます。
お産の疲労感が少なく、回復が早いのもメリットです。
母親の何らかの理由で通常のお産に耐えられない場合無痛分娩は有効というメリットもあります。
無痛分娩の始まり方の方法は陣痛が始まってから始めます。
病院によってさまざまですが陣痛が始まってから行う病院がほとんどです。
無痛分娩を始める前はやはり陣痛の痛みがくるので痛さはありますが始めた後は少し痛みが感じてたり、全く痛みがないのです。
背中の腰あたりから管を入れます。この方法が硬膜外麻酔と言われるものです。局所麻酔なので全身麻酔とは違い意識がはっきりとしています。
もう1つは点滴麻酔です。静脈から麻酔薬を入れます。鎮痛効果が硬膜外麻酔より弱く事前の処置は簡単ですが分娩中眠気が出てくる方もいます。
赤ちゃんも眠った状態で出てくる場合はありますが一時の事なので問題はありません。
なので我が子の誕生の瞬間はしっかりと覚えています。

分娩後は通常分娩と同様胎盤が出て会陰の傷を縫ったりします。その後痛み止めをやめます。なので痛みを感じてしますので、点滴の痛み止めや飲み薬での対応します。
そしてデメリットですが、通常のお産より費用が割高です。病院によって金額はさまざまなので調べておく必要があります。
麻酔をするとお産の子宮の収縮が弱くなる傾向がありお母さんが必死にいきんでも普通分娩と比べて弱くなってしまう傾向があるので分娩時間が長くなってしまう可能性が
あります。
そして無痛分娩の副作用があげられる症状として、足に力が入らなくなったり、足の感覚が鈍ってしまう場合があります。
尿意を催すのも鈍くなったり、体温が上がる。血圧が下がる場合があります。そして事前に麻酔のアレルギー検査を受けるのですがアレルギー反応が出た場合は無痛分娩は
受ける事が出来ません。
帝王切開や逆子の場合も無痛分娩はできません。背中の腰回りに変形や神経の異常も無痛分娩はできませんので注意して下さい。
どこの病院でも無痛分娩を実施しているかという話ですが無痛分娩は高度な医療技術が必要なのでどこの病院もやっている訳ではありません。
腕の良い産婦人科胃、麻酔科医が無痛分娩には必要とされるのでしっかりと調べリサーチする事が大切です。
もし無痛分娩を希望の場合は通っている産婦人科が実施していなければ早めに医師にご相談をし無痛分娩が出来る産婦人科を紹介してもらって下さい。

関連ページ

分娩方法にはどんな種類があるの?
いよいよ赤ちゃんとのご対面!長かったと感じる方短かったこ感じる方妊娠生活ももう終わりです。現代分娩方法の種類が幅広くあります。どんな分娩方法があるの気になる貴方!簡単にまとめて数ある中から私なりに紹介をしたいと思います。
初産の経膣分娩ってどのぐらい時間がかかるの?
出産についての疑問って、出産が近づくにつれて、どんどんでてくると思います!そんな疑問について全てお答えしていきます!