初産の経膣分娩ってどのぐらい時間がかかるの?

いよいよ出産!初めにだいたい初産の場合平均出産時間は1時間から12時間かかると言われています。
目安ですが分娩開始から子宮口全開まで10時間から12時間程度かかります。
子宮口全開(10センチ)から赤ちゃんの誕生まで1時間から2時間程度かかります。
出産後の、誕生から胎盤を排出するまでに20分から30分程度かかると言われています。
初めてのお産。規則的に陣痛が始まり子宮口が全開大(10センチ)になるまでは平均約10時間から12時間と
言われています。陣痛と前駆陣痛の目安を知っておくのが重要です。本陣痛の目安は10分間隔の痛みです。
カウントしてから10分間隔になってきたら病院の指を仰いでくださいね。
この時間はあくまでも目安にしか過ぎなく個人差はありお母さんの体型や運動危険や骨盤の形状も全て
影響されて時間は変わってきます。
痛みに強いお母さんもいて、気づいたら子宮口が10センチだったという方もいます。
規則的な痛みが10分間隔で病院まで15分の距離で病院についたら2分間隔で1時間もしないうちに出産という方も
いらっしゃいます。
初めてのお産でスピード安産で5時間の出産の方もいらっしゃいます。
私は3人の母をしていますが。、1人目のお産の時破水から誕生まで8時間かかりました。
安産でした。
お産の時間が短いと陣痛の波も大きく感じ方は個人差もありますが、辛さは想像を絶するものだという声もあります。

陣痛の波はきているが子宮口が全開にならなく苦しむ方もいらしたりとお産は個人差によってだいぶ変わります。
お産は体力勝負です。
陣痛のあいまに食事をとったり、陣痛の痛みには波があり痛くない時間ももちろんありその間に体を休めたりと心がけが重要です。
分娩時間は母子とともに深刻な症状を引き起こす事もあります。赤ちゃんを守るためにも出産に向けてしっかりと体力作りをする事を
お勧めします。落ち着いて分娩を迎える事。呼吸は大事でしっかり赤ちゃんにも酸素がいくようにお母さんも
リラックスをし呼吸を整えてしてあげる事が大事です。適度な運動は体力作りにも繋がりますが子宮口が開きやすく股関節も柔軟にしてくれるので
お産もスムーズになる場合があります。
臨月が近くなったら自分の体と相談しながら無理なく軽く歩いたりしたりすると良いでしょう。
初めてのお産。不安はあると思います。呼吸方をしっかり意識しもうすぐ赤ちゃんとの対面までもうひと踏ん張りです。

関連ページ

分娩方法にはどんな種類があるの?
いよいよ赤ちゃんとのご対面!長かったと感じる方短かったこ感じる方妊娠生活ももう終わりです。現代分娩方法の種類が幅広くあります。どんな分娩方法があるの気になる貴方!簡単にまとめて数ある中から私なりに紹介をしたいと思います。
無痛分娩のメリットとデメリット!
陣痛。痛くて痛くて体力が本当に奪われるくらい痛みとの闘いです。無痛分娩は痛みがなく産後の回復も早いと言われていますが無痛分娩のデメリットは?メリットは?簡単にわかりやすく私なりに解説していきたいと思います。